★カスタムドール:ヤフオク!出品中です。→『 こちら

北海道18駅巡り(前)2021/03/20 17:51

冬音様より新しい写真を頂きました。

紗鬼さん経由で既掲載のように3月12日を最後に廃止された北海道の18駅巡りです。

今回も盛り沢山の内容で枚数も多く、前編・後編に分けて掲載させて頂きますね。



「徳満駅」(とくみつ)

椿:今年の廃止駅にズーム、イン!


18駅01

紺碧:徳満と徳光を掛けてきましたか。う~む、座布団一枚!



椿さん(1/6)には指差しのハンドパーツが無いので、冬音様宅の先住民

先輩の1/3お嬢さんお二人も参加してズーム、イン!(^^;)


18駅02





「上幌延駅」(かみほろのべ)

椿:この駅は、昔は列車でした。

18駅03


貨物の車掌車を改造した「貨車駅舎」「ダルマ駅舎」と呼ばれる上幌延駅。

無個性で地味という印象から 観光客にはあまり人気はありませんでした。





「安牛駅」(やすうし)

椿:錆びていて、駅名すら読むことができません。


18駅04


長年の風雪により錆びてボロボロになった宗谷本線・安牛駅(1925~2021)。

駅前通りにもう住む人は無く、駅の錆び具合とともに秘境の駅として人気でした。




「豊清水駅」(とよしみず)

椿:つまりダブルなんですね!

18駅05


美深町清水地区と音威子府村清水地区(当時)が「将来豊な所になるように」と

命名された豊清水駅(1946~2021)。




「紋穂内駅」(もんぽない)

紗鬼:終わりが日に日に近づいています。


18駅07




駅の廃止が近づき、駅には自治会が製作した横断幕が掲示されました。


18駅06





「南美深駅」(みなみびふか)

紗鬼:64年間、住民と通学を支えてきました。

18駅08




紋穂内と同じ廃止直前の3月7日から取り付けられた横断幕を記録する為、

朝3時に家を出て撮影し、9時までに出社していました。


紺碧:す、凄い! 私だったら眠くて その日は仕事にならないかと(汗


18駅09





「北星駅」(ほくせい)

鶴:もしも二人が愛せるならば、窓の景色も変わっていくだろう。


18駅10


北星駅の窓から特急列車を見送るお鶴。


紺碧:今回シルエットだけですが、鶴さんは青髪ショートボブのお嬢さん。




みんな大好き。私も大好き。今回廃止となる駅では最も人気があった北星駅。

廃止が近づいた3月には、毎日10~20人近くが乗降する賑やかな駅に。


18駅11



今回はここまでです。後半はまた後日(^^;)





・ホームページは『 こちら 』で開設しております。